リビトラとシアリスは何が違うのか

リビトラとシアリスはどちらもインポテンツ用の治療薬ですが、両者には色々な違いがあります。
何が違うのかと言えば、まず作用するまでの時間が異なっています。リビトラの方は水に溶け易い性質を持っていますので、性行為の1時間前、空腹の時ならば20分前に飲むことによって作用するのが特徴です。一方のシアリスの方は溶け難い性質がある為、性行為の3時間前には飲むようにしなければいけません。
作用の持続性に関しても違いがあります。リビトラの方は成分の配合量にもよりますが、大体5時間から10時間ほどで効果はなくなります。シアリスの方も成分の配合量で持続時間は違っているものの、大体20時間から30時間程度は持ちます。ですから短時間だけの作用で良いのならリビトラが良いですし、長く効果を実感したい時にはシアリスの方が適していると言えるでしょう。
両者は作用の仕方にも相違点があり、強力に作用するのはリビトラの方です。性的な刺激を受けることによって強力に勃起させることができますので、しっかりとした硬さを出したい時に適しています。シアリスの方はそのような作用の出方ではなく、自然な形で勃起します。ですから薬によって不自然な硬さを出したくない時に良いかもしれません。
その他にも両者の違いとして外観の相違点も挙げられます。リビトラの方はオレンジ色で丸型となっていますが、シアリスは黄色で涙のような形です。
それぞれの治療薬にはこういった違いがありますが、何が違うのかを知っておくことによって自身に適した治療薬を選ぶことができます。ですから治療薬を利用したい時には何を求めるのかを考えながら都合が良い薬を選ぶようにすると良いでしょう。